屋久島 大自然林

創業以来の手造り甕壷仕込みで、麹室(こうじむろ)による麹造り、甕での発酵、昔ながらの木製の道具を使った伝統的製法を今に伝える手造り甕仕込みの蔵「屋久島伝承蔵」。まさに、伝統の銘水で仕込まれた、手造り甕壷仕込みの芋焼酎です。
ラベルデザインは、屋久島在住の画家・高田裕子さんの作品です。

元祖やきいも

芋焼酎は本来、さつまいもを蒸して製造しているものがほとんどなのですが、この「元祖やきいも」は焼酎の原料に最適の芋「黄金千貫」を使用し、長年の経験を経て、焼酎の良い香りと甘みを引き出す焼き方で製造されています。出来た37~38度の原酒を昼夜2日間マイナス5度まで冷却し不純物を除去することによって、詰め入れをし日が経つほど香りと甘みが増し、悪酔いの少ない焼酎になっています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう